読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛猫ロシアンブルー♂と独女のふたりぐらし

雄猫のロシアンブルーと独女の日常・猫の情報や可愛い猫や犬の動画などをご紹介

スポンサーリンク

【ペットショップの現実】初めて知るペットショップの現状

ロシアンブルー 猫を飼う ペット パピーミル問題 ロシアンブルー写真・画像

猫を飼おうと思ったとき、はじめて知ったペットショップの現実

今回は独女、猫を飼う」シリーズの番外編です

 

初めて、

ペットショップでロシアンブルーの猫を見た時に「飼いたい」と思った私。

 

でも、

猫など飼ったことないし、

どうしたら良いのかネットで色々と調べていくうちにわかった

 

「ペットショップの現実、現状」

 

小さな犬や猫が売れやすく、

狭い小さなケージに入れられてたくさんの人に覗かれる毎日。

 

少しでも大きくなると(とは言えまだまだ小さい仔ですよ)

値段がどんどん下がっていく。

 

実際、私が最初に心を奪われたロシアンブルー

ロシアンブルー,ロシアンブルー画像,ペットショップの現実,パピーミル問題

 

確か、生後2か月にも満たない時で

値段が16万円くらいしていました。

 

その後何度かこの仔を見にペットショップへ足を運びました。

 

たぶん、2週間過ぎた頃かな。

値段が12万くらいになってました。

 

そこからは数日毎に10万、8万、6万と値段が下がっていき、

その後はお店からいなくなっていました。

 

どなたかに飼われていったのか、

それとも違う形でいなくなってしまったのかは正直わかりません。

出来る事なら優しい飼い主さんに飼われたのなら良いのですが・・・。

 

しかし、

この値段の下がり方を目の当たりにして少なからずショックを受けました。

 

もちろん、

ペットショップからしたら、犬や猫は商品なので

こういう形になってしまうのかも知れませんが、

 

やはり商品とは言え、

そこには“命”が関わっていることです。

 

それから、

小さければ小さいほど売れるという、

飼う側(買う側)で考えなけらばいけないのではないでしょうか。

 

確かに小さい赤ちゃんの姿ってめっちゃ可愛いし、

愛おしく感じます。

 

でも、

猫など数ヶ月であっという間に大人の大きさになります。

それでも大きくなったからと言って可愛さが無くなる訳ではありません。

 

ペットと暮らすという事は、命を預かるという事は時に大変なこともあります。

 

でも、

それ以上に癒しをくれたり、

そばにいてくれるだけで嬉しかったり、

生活を潤してくれる大切な家族なのではないでしょうか。

ロシアンブルー写真,ロシアンブルー画像,可愛いロシアンブルー

ただ、可愛いだけでなく、

ちゃんとペットの命と向き合うことがペットと暮らすうえで何より大切なことだと思います。

 

そして、

人間のエゴで簡単に捨てられたリ、

ありえない環境で産まされたりする事(パピーミル等)を

少しでも減らせるような世の中にしていく事を改めて考えさせられています。

 

 

 【こちらのブログもあわせてご覧下さいませ】

russiancat.hateblo.jp

russiancat.hateblo.jp

russiancat.hateblo.jp

russiancat.hateblo.jp